サービスリリース記念!11月31日まで送料無料キャンペーン実施中!

Artist stories 〜Suga Chinami〜

目に見えている現実に、心の中を透かしてみたような、心に触れるアート

幼少期からずっとアートの中にいました。一度は現実的な事も考えて、アーティストではなくデザイナーを経験しましたが、やはり私が居るのはここではないと実感し、人の心に触れるような忘れたくない想いを忘れないように絵にしていきたい!と思い、今私は絵を描いています。

 

アートのレンタルや購買ならENOAL_suga chinami

作品を描き始めたきっかけはなんですか?

 母が絵を描く人でした。アーティストではないですが、幼稚園バッグにつけるキーホルダーを手描きで作ってくれたりとか、私のお家での遊び方はほとんど絵を描く事でした。幼稚園の年長さんになったとき、初めてコピー用紙に描いた絵に言葉を集めて、それをホッチキスで止めて「絵本」を作りました。初めての"しょうらいのゆめ"が絵本作家というものでした。その頃から周りからの評価も絵の上手な子だったので、私が得意だと胸を張れるものが絵だったんです。いつからか褒められることが自分の存在を認めてもらうことになっていて、私はそんなアートに魅了されていたんだと思います。

アートのレンタルや購買ならENOAL_suga chinami

今までのご経歴を教えてください

高校生2年生くらいの時に、ふと、私って将来何するんだろうって考えました。

創作は相変わらず好きでしたが、なんとなく絵を描く=大人しい子みたいな雰囲気があって、あんまり絵を描く事を主張する事もなく、文化祭などのイベントで昔からの友達に、絵が得意でしょう?描いてよ。とお願いされなければみんなの前で絵を描く事もありませんでした。

その時絵は、本当に自分だけのものでした。

家で日記をつけるような気持ちで絵を描いてみたり。

ですが、将来を考えた時にやっぱり得意だと思えることが創作、絵を描く事だったので、絵を描くお仕事を想像してみたんです。

当時の私は、美術の先生、漫画家、とかしか思いつかなくて、何せ今まで一度もしっかりした知識で絵を教えてもらう事をしてこなかったので、美術の先生はなんとなく違う気がしました。漫画は好きでしたが、私は絵を描くと、ストーリーが考えれなくなり、ストーリーを考えると絵が描けなくなるという偏った人間だったので、それも違うなって。でも何か動き出したくて、その時持っていた携帯で、絵 コンテスト で調べてヒットした、服飾学校のデザイン画コンクールに出して見ることになりました。そこで運良く審査員特別賞を頂き、特待生の資格が頂けたので、流れのままに服飾の道に進みデザイナーになっていました。

アートのレンタルや購買ならENOAL_suga chinami

どのようなテーマの作品が多いですか?

あまりこれを描こうだとか、こういうイメージの作品にしようなど、物事を考えてから描く事は辞めました。私はデザイナーだったので、どうしても世に受けるものだったり、世の流れを見て商品を作る事を仕事にしてきたので、絵を描く上ではそういうのから離れたくなったんです。ただ、思い出して動く心だったり、そんな心に触れるような、精神世界のようなものを描いている気がします。

絵を描く上で大切にしていることはありますか?

ただ自分に素直になる事です。格好つけたいだとか、こんな風に見られたい、を全部心から取っ払って、ただ描く事を楽しいと思って描く事を大切にしています。

アートのレンタルや購買ならENOAL_suga chinamiどんな時に絵を描きたくなりますか?

心が繊細に動いた時です。生きていると、たくさんのものに感動して、喜んで、悲しんで、切なくなったりして色んな感情に本当に目まぐるしく触れています。どんな一瞬も忘れないように、忘れたくない気持ちに触れた時描きたくなりますね。好きな香り、太陽の色が好きな色になったタイミング、夜月を見る時間も心を落ち着かせてくれて、絵にする感情を纏めてくれます。私は心に残る気持ちを絵にするんですが、その心に残っている場面と同じような時間帯に描きたくなるので、様々は時間に衝動的に描いている気がします。

ご自身の中で、ものの見方、捉え方について人と違うな、と思うことはありますか?

ものの見方は割と素直で単純だと思います。見たものはそのまま吸収されますし、割と簡単に傷つきもします。それを娯楽としてあえて複雑に絡ませてみたりもします。ただ、他の人がなんでもないこと。と認識したものを、私はそんなものにも深掘りして頭の中で遊んでみるので、そういうところは変なのかもしれません。

アートのレンタルや購買ならENOAL_suga chinami

プライベートでの趣味やアート以外で好きなことは?

自身で空いてる時間などにする事は映画を見たり、本を読んだり、寝る前にコラムを読んだり。そのようなインドアなことばかりです。ただ、美味しい空気をすいに自然の中にいったり、なんとなくですが、私は絵から離れている時間はなるべく人に流されて、自分では思いつかないところにたどり着けるように、ふわっと生きています。趣味とは言えないかもですが、人に流されて新しいものに触れるのが好きです。

アートのレンタルや購買ならENOAL_suga chinami

憧れるアーティストはいますか?

流行りの画家やアーティストさんはなんとなく理解しているのですが、アーティストさんと作品名が一致していることが少ないです。勿論、美術館などには行くのですが、あまりにも理解しようとして鑑賞してしまうと、頭に残りすぎてしまい私自身の作品に影響が出るので、私は作品を理解しに行くのではなくて、場を吸収するために芸術を感じます。なのであまり詳しくはありません。別物として絵本が好きなので、エドワードゴーリーは大好きです。少しダークな絵本なので子供には向いていないですが、素敵な方です。あとは、ウィリアムモリスの作品は色合いが大好きですね。インテリアとして身近に置いておきたいという作品がたくさんあります。

画家になるきっかけとなった作品

展示会には出展していないですが、一年前に制作したnumber 3-35-40という大きな薔薇の絵です。私はデザイナーのお仕事をしていたので、しばらくの間、ただ絵を描くという事が出来なくなっていました。絵を描いても、誰かの真似事に思えてしまって、描くのがしんどくなっていました。そんな時、緊急事態宣言もあって、2週間仕事がお休みになりました。全く仕事に触れない2週間で、私は数年ぶりに絵に向き合いました。ただ素直に描いてみよう。ただどんな形になったとしても描きあげよう。と、その気持ちで2週間薔薇を描き続けて完成した時に、久しぶりに絵を描く高揚感を実感しました。そこから私は画家の道を改めて志すようになりました。

アートのレンタルや購買ならENOAL_suga chinami

作品の単価はどのように決めていますか?

作品に値段をつけるって本当に難しいなと思います。アートは実用性とはかけ離れていますし、一応実在していますが見えないようなものに価値を見出すので、中々自分自身で価値をつけるって難しいなと実感します。なので私は自分がその作品に費やした時間に値段をつけています。その時間は事実として、その作品に向き合った時間なので私自身が納得できる価値です。

道具や使用する画材のこだわりはありますか?

道具は画材屋さんにふらっと立ち寄った時に、可愛い!これ使いたい!とか、服を買うテンションで買います。あんまりこだわりはなくて、使える物は使いますし、なんでも使えるだろうと適当な性格なので、道具選びも適当でフィーリングです。画材は、私が色々試した中で今の自分に合う樹脂素材で描く事に落ち着いています。

アートのレンタルや購買ならENOAL_suga chinami

あなたにとってアートとは何ですか。

私の存在を認めてもらう術です。私はそれ以外わかりません。絵を描いて、残していく事で、ここにいても良いよ。と言ってもらえてる気になります。本当にそんな事です。

アートが持っている力とは?

アートは、現実の忙しさで、向き合いたくても今は向き合えないと、後回しにされてしまった自分の心と向き合う時間をくれます。後回しにできたからって、それは置いておいていいものではないと思います。大切な事を大切だと認めて、美しいものをただ美しいと言える、アートと触れている時間は素直な自分になれる時間を与えてくれます。

愛で叶うものって沢山あると信じているので、たくさんの問題を一旦愛で満たしてみてほしいです。アートでそれを伝えられたらと思います。

アートのレンタルや購買ならENOAL_suga chinami

今後挑戦してみたい事はありますか?

今は世情もあり、日本での展示会を楽しんでいますが、世界中でたくさんの人に絵を通して触れたいです。

最後に、もっと絵のある生活が普及するために必要なこととは?

たくさんの人が絵を怖がらずアートという世界に簡単に立ち入ってみる事だと思います。アートから感じるパーソナルスペースのようなものを、まあいいや、触れてみよっと。って深く考えずに、自分に近い存在だと認めてみて欲しいです。アートは神聖なもので、人間自身のようなものなので、きっとそれを理解してもらうと絵のある生活を身近に感じてもらえるのではないでしょうか。

アートのレンタルや購買ならENOAL_suga chinami

出身: 兵庫県
経歴:ファッションデザイナー、アクセサリーデザイナーを経て、画家の道に進む。

物心が着いた頃から創作が好きで、高校在学中に大阪文化服装学院の絵画コンテストで審査員特別賞を受賞。
それがきっかけで服飾の道に進むが、諸事情により中退。
数ヶ月後アクセサリーブランドに就職し立ち上げに携わる。そこで2年間、デザイン、生産、マーケティングなどと商品開発を幅広く学び退職。新たな可能性を求め、未経験でありながらネイリストとして再就職。
新しい仕事をこなす中で、以前より着目していた特殊樹脂を画法として取り入れ始める。
2019年、画家として幼少期から自身の中にある思想を全て作品に込め、特徴な画材で仕上げる作品制作を開始。
現在に至る。

●ART SHOW
2021.6.19 KITAHAMA N GALLERY (OSAKA)
2020.3 CLAVE CULTIVATE GALLERY(KOBE)
2016.3 TOKYO ART COMPLEX (TOKYO)