サービスリリース記念!11月31日まで送料無料キャンペーン実施中!

Artist stories 〜根ノ木あさみ〜

神秘的な空気に包まれる、現実を超えた風景絵画

根ノ木あさみは、移り変わる空を繊細なグラデーションで描く心象風景画家である。自然の普遍性と人間の刹那性という対比した大きなテーマの中で、静かに繰り返す日々の一瞬を切り取る。「わたしの見る世界は人より青いのだと思う」そう語る根ノ木の作品は、その言葉通り、青を基調として構成されている。その土地が持つ空気感と、自己の内面にある感情の掛け算によって、現実を越えた鮮やかな景色をキャンバスに描き出す。空との無言の対話を通して描き出された風景は、見る者を静かさや、懐かしさで包み込む。今回は、人々を魅了する自然への考え方や、彼女の持つ世界観についてインタビューする。 

 

アートのレンタルや購買ならENOAL_根ノ木あさみ

今までのご経歴を教えてください。

学生時代は臨床心理学を学びながら、独学で造形作品を作っていました。

心理学や哲学、宗教学が高校生の頃からずっと大好きだったので、臨床心理士として職業にするか、趣味として続けてきた“ものづくり”の道に進むかとても悩みました。

アメリカでの留学などを挟みじっくり考え、選んだ職業はトイデザイナーでした。玩具の企画開発はとても刺激的で、夢があり楽しく、私の造形意欲を満たしてくれたため、この頃から趣味としての関心は油彩に向くようになりました。仕事の傍ら独学で8年描き続け、縁があってお仕事をいただくようになり、現在はトイデザイナー兼アーティストとして活動しています。

絵を描く上で大切にしていることや考えていることはありますか?

人が風景を見る時、そこには様々なフィルターがかかっているのだと思っています。土地の空気、そのときの感情、風景に至るまでの道のりや思い出などです。良いことがあった日は空が澄んで見える、旅に出た日の夕焼けは特別に見える、人ってそういう生き物だと思います。

わたしはその人の目が持つフィルターというものを、すごく大切にしています。

それこそが写真には表現できない、人の感情や土地の歴史を乗せた“生きている風景”であり、見る人に「風景を見た時と同じ感動を届ける」唯一の方法だと思うからです。

アートのレンタルや購入ならENOAL_根ノ木あさみ

作品になっている風景は実際に見たことのある景色ですか?

現実にある風景をモデルとしつつも、感情やその土地の空気感をより彩度高く表現するため、あえて少し変更を加えた独自の風景画になっていることがほとんどです。

現実の景色をそのまま絵にするのではなく、わたしはそこに、自分自身の五感を通した世界の色を加えて作品に落とし込んでいます。

アートのレンタルや販売ならENOAL_根ノ木あさみ

作品完成にかかる時間はどのくらいですか?

心の準備をするのに一週間(笑)、筆を取ってからは23時間で一気に描き上げます。

集中力が途切れると再度同じ絵に向き合うことが出来なくなってしまう性格なので、描き始めてからは水も飲まずひたすら描き続けて完成させます。絵の中の世界に深く没入できた時ほど、良い作品が描けている気がします。

 

自分の作品に影響を及ぼした出来事はありますか?

わたしが23歳のとき、母が突然亡くなったことです。本当に突然だったので、気持ちの整理も理解することも暫く出来ませんでした。連絡を受けて東京から実家の愛知に戻る新幹線の中で、見える世界が一変しているなと気が付きました。それまでわたしは「人はいつか幸せになれる」と思っていましたが、本質的にはそうではなく、私たち生物はただ短い時間そこに存在しているだけ、幸せも不幸せもなく大きな流れの中の一瞬に過ぎないと考えるようになりました。

人間の刹那性を意識し始めてから、相対する自然の普遍性にも強く惹かれるようになり、美しい毎日をただ繰り返す自然により一層感動するようになりました。

この生命の刹那性と自然の普遍性に対する考えは、わたしの風景画の根本にあるテーマとなっています。

今後挑戦してみたい事はありますか?

海外での個展にチャレンジしてみたいです。留学経験のあるアメリカか、少しだけ住んでいたイタリアでの個展に特に興味があります。

最後に、あなたにとってアートとは何ですか。

他者との感動の共有を可能にするものです。

自分が美しいと感じた世界を、最も明細に伝える手段がわたしにとってのアートです。

わたしの作品の前に立ち、息を呑む景色を見た時と同じような感動、旅先で得られるような高揚を、感じてもらえたら何より嬉しいです。

 

アートのレンタルや購入ならENOAL_根ノ木あさみ

根ノ木あさみ

移り変わる空を繊細なグラデーションで描く心象風景画家。トイデザイナー、画家、アクセサリーデザイナーと三つの顔を持つ。油彩を好み、風景画のほとんどは油彩で製作を行う。ライブペインティングやアクセサリー制作販売など、活動は多岐に渡る。